194725

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]
スレッド内の縮小画像をクリックすると元画像が表示されます。[アルバム]をクリックすると写真がアルバム表示されます。
1初冬の川 (2)   / 2紅葉・紅葉5 -お寺さんの紅葉 (2) / 3紅葉・紅葉4 -お寺さんの紅葉 (3) / 4紅葉・紅葉3 −さくらー (5) / 5紅葉・紅葉2 (2) / 6紅葉・紅葉 (3) / 7渡り鳥3 (1) / 8渡り鳥2 (4) / 9渡り鳥来たる (2) / 10モンキチョウ (2) / 11立冬  / 12ヒメアカタテハ (1) / 13次世代への夢 (1) / 14川からの贈り物 −思い出ー (3) / 15台風 ー怖かったー (3) / 16台風一過の荒川 (4) / 17川からの贈り物 −夏ー (8) / 18今年初めて羽生水郷公園に行ってきました (3) / 19秋への準備  / 20楽しきネオトープ (3) /

私のお友達ーつぐみさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/30(Mon) 06:09:56 No.4015
 ちょっと心配なのですが、この小鳥さんはつぐみさんでいいのでしょうか。もし違っておりましたらどなたか教えてください。つぐみさんが、川面に突き出て 枯れ残った葦の上で、水浴びか、寄生虫落としかわかりませんが、羽を羽ばたかせていました。

Re: 私のお友達ーつぐみさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/30(Mon) 06:17:36 No.4016
 カメラを向けてしばらく撮影をしておりましたら、誰か見ていると気がついたのでしょう、日向ぼっこの邪魔をするなと睨み返されました。つぐみさんにとっては安息の時だったのでしょう 悪いことをしたなと反省をしました。

Re: 私のお友達ーつぐみさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/30(Mon) 06:24:22 No.4017
申し訳ないので撮影をやめ立ち去ろうとしましたら、散歩先の置き石の上につぐみさんが乗っていました。待っていてくれたとうれしくなりましたが、考えたら 違う個体かもしれません。それでも優しい顔を見られて 私もホッとしました。

私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/27(Fri) 06:37:27 No.4009
 おながさんは川のわきの電線の上に現れます。意外と数が少なく現れると今日はラッキーとうれしい気分になります。おながさんは本当に尾が長く しかもその尾はとてもきれいで見直しました。

Re: 私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/27(Fri) 06:41:50 No.4010
おながさんは川べりに生える野桑の実を食べに来ます。私が食べても、甘くおいしいので、おながさんにも大好物なのでしょう。

Re: 私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/27(Fri) 06:44:28 No.4011
 食べた後は、大満足なのでしょうか、電線の上でダンスをはじめます。うまいものです。ねぐらに帰るまで飽きずに見られます。

Re: 私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:蛙人 投稿日:2016/05/27(Fri) 09:54:48 No.4012
優雅人さん、こんにちは。連載の写真、カメラワーク、素晴らしいですね。カメラ、レンズ、ご披露ください。

楽しみに拝見しています。

Re: 私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:四季マニア 投稿日:2016/05/27(Fri) 16:44:06 No.4013
同じく尾が長いエナガは可愛く、オナガは精悍ですね。まだ出会ったことがありませんが是非撮りたいです。

Re: 私のお友達ーおながさん命の輝きー 投稿者:優雅人 投稿日:2016/05/27(Fri) 18:57:16 No.4014
圭仁さん、四季マニアさん 返信ありがとうございました。いつものお散歩で お二方にこんなに楽しんでいただきとてもうれしいです。私の鳥さん撮影は、特別に撮影技術を学んだり練習したわけではありませんので、カメラワークなどは滅茶苦茶だと思います。写真はすべて偶然のたまものです。ですから撮影機材は、まったく特別なものではありません。私の機材の選び方は自分の体力にあい散歩の楽しみをカメラ機材で奪われないものです。ただ こだわりといえば、次のことだけはこだわっています。のぞき穴と言われようとファインダーのないカメラは買いません。また レンズ交換の楽しみがなくなるカメラは買いません。さらに カメラボデーにレンズを付けても1キログラムを超えない機材にしています。そして メーカーの名前は無視します。どんなに人にこちらのほうが性能が良いと言われても自分の体力に合わないものは持ちません。結局 使わなくなります。自分で気に入ったものが一番良いと思います。そんなことで私の機材は、デジカメ並みの重さのニコンV3に、35ミリ換算すると800ミリを超える 1NIKKOR 70-300を付けて楽しんでいます。しかし この程度の望遠では 対岸にいる小鳥さんは、小さく 小さくなってしまいますが、私はこれで十分楽しんでいます。私のこだわりがお役に立てたら幸いです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note Antispam Version -